自己肯定感を高めることで、より生き生きと過ごすことができる

 明るく活発な性格で、友達から慕われています。自由遊びの時間は、キャッチボールやトランプ、ブロック等で遊んでいます。キャッチボールでは、友達にジャンプしながらキャッチしたりパスしたりするコツを教えてあげていました。また、友達が「ババ抜きやろう」と誘うといつも「ぼくもやる」と元気よく即答し、友達に合わせることも上手です。友達との関係のとり方が上手で、トラブルになることなく、仲良く過ごすことができています。

 運動エフェクトでは、どの種目にも一生懸命取り組み、がんばっています。ラダートレーニングでは、新しい動きをすぐに覚え、リズムよく行うことができています。長縄しりとりでは、以前は跳びながら考えることが苦手でしたが、最近は最後まで残ることができる程、上手になりました。集団遊びでは、しっかりとルールを守って行うことができます。ドッジボールでは、ボールをキャッチしたり投げたりすることが上手で、活躍しています。また、チーム対抗戦では、チームの子と協力して行い、楽しんでいます。鬼ごっこ系の遊びでは、鬼が「代わって」と言うと、「ぼくがやる」といつも手を挙げてくれます。運動は本児の得意分野で自信をもっており、いつも楽しそうに取り組んでいます。

 学習の時間は、切り替えが早く、集中して取り組むことができています。公文では、新しい内容の理解力があり、がんばっています。現在、2桁で割るわり算の筆算の練習をしており、一人で解くことができるようになりました。英語では、2~3文を覚え、一人で言うことができています。また、英文を書き写すことに慣れ、より速く正確に写すことができるようになりました。

 今後も本児の良い面に注目して自己肯定感を高めることで、より生き生きと過ごすことができる土台を築いていきます。

Juri F.

前の記事

カラフルパラソル

次の記事

ちぎり絵