私たちは、研究と実践を繋ぐ活動をしています

ここまでに多くの研究者が子どもの力を引き出すために様々な理論を提唱してきました。
しかし、研究で得られた理論が療育実践に活用されているとは言えません。
それは何故でしょうか?
その答えは、研究で得られた理論と療育実践を繋ぐ媒介者の存在が極めて少ないからです。
私たちは研究と実践を繋ぐ役割を担うため、研究で得られた理論を実践で応用し、その情報を公開しています。
私たちの情報が、子どもの成長の一助になれば幸甚です。

ADHD児に対する自尊感情向上のための支援について
もっと読む
楽しい環境で話したい気持ちを引き出し、音声模倣トレーニングで発話能力を向上させる
もっと読む
様々な活動を通して、楽しみながら読解力につながる力を伸ばす-メタ認知や心の理論の発達を促し包括的読解力の向上を図る-
もっと読む
自閉症児の身体図式の形成と運動イメージの更新に重点を置いた運動支援
もっと読む
ナラティブ・アプローチを通して、帰りの会の発表が上手にできるようになる
もっと読む
楽しい環境の中で発達的なアプローチを実践し成長を促す
もっと読む
項目特定処理の活動を通して語用能力を伸ばし、言葉の表出がよりスムーズにできるようになる
もっと読む
感情をコントロールし、穏やかに過ごせる日を増やすー最近接発達領域(ZPD)の観点から考える支援ー
もっと読む
正統的周辺参加により、その場にふさわしい態度及び振る舞い方を覚える
もっと読む
落ち着いて座ることができるようになる
もっと読む