物事に取り組む際の姿勢を学ぶ

 運動エフェクト中に座って待つことが苦手です。その場にはいますが、寝転がっていることが多いです。「一人だけ違う格好だよ」と声を掛けても、他の子と違うことをしていても恥ずかしくないようで、座ろうとはしません。また、運動エフェクト中にふざけたり、参加せずに遊んでいたりすることもあります。
 まず、運動エフェクトへの参加を促すため、「楽しそう」「自分にもできそう」と思える種目を盛り込んだり、難易度を下げたりする等、やってみたいと思ってもらえるように工夫していきます。できた時には褒めて達成感を味わってもらい、できなかった時にも良かった所を褒めたりがんばったことを認めて励ましたりしていきます。また、待ち時間に座って待つことができるよう、寝転がった時にはその都度声を掛け、座り直してもらいます。これを繰り返し、運動エフェクト中には体操座りで待つことが当然のことだと捉え、実行できるようにしていきます。
Juri,F.

次の記事

暗黙のルールを守る