学習力をつける

 これまで、時間を計ったり、「(帰りの準備で)一番になる」という目標を設定したりすると、一時的に準備を早くすることができていましたが、根本的な解決にはならず、まだ準備が間に合わないことがたくさんあります。準備する様子を見ていると、周りをキョロキョロ見ていることが多く、急いでいる感じはありません。
 まずは、準備が遅くなってしまう原因を分析し、改善策を話し合います。その後、改善策を実行できるよう目標を設定し、達成できるよう練習していきます。そして、練習を積み重ねる中で、早く準備する動きや気をそらさないとはどういうことかを覚えていってもらいます。実際の帰りの準備の場面では、目標を達成できたかどうかを振り返り、今後の取り組みに生かせるようにします。また、少しでも準備しやすくなるよう工夫を加えていき、準備しやすい環境を整えていきます。
Juri,F.