勝手な行動を慎む

 戸外活動の時に、何かに興味をひかれると勝手に輪から離れてしまうことがあります。移動する前に、皆で一緒に行くから勝手に別の所へ行ってはいけないことを予め約束しておきます。そして、移動中に何か興味のあるものを見つけても輪から離れず、言葉で他の人に伝えることにとどめられるようにします。また、輪から離れそうになった時には、声掛けをして移動時の約束を思い出してもらいます。皆で一緒に行動する時には、輪から離れない・勝手な行動をしないということを集団行動のルールとして覚えてもらい、守ることができるようにしていきます。
 遊びの時間は、順番をきちんと守ることができること・前の子がゆっくりでも文句を言わずじっと待つことができること・自己主張ばかりせず他の子と譲り合いができることから、周りの子とトラブルになることもなく楽しそうに遊んでいます。また、勝手に別の遊び場へ行ってしまうこともなくなり、決められた場所・遊具の中で遊ぶことができるようになりました。聞き分けもよく、帰る時に声を掛けると遊びの途中でもすぐに応じてくれています。これからも良いところを認め、ほめて伝えていきたいと思います。
Juri,F.