会話や発言のルールを意識して話すことができる

 思ったことをすぐに言ってしまったり、勝手に話し出してしまったりすることがよくあります。具体的には、あいさつの時にきちんと座っていない子に対して「〇〇君はできないから」と言ったり、本人にとっては簡単な跳び箱の2段の練習をがんばっている子に対して「こんなの簡単、誰でもできる」と言ったりする等、思ったことをすぐ口に出してしまい、友達に嫌な思いをさせてしまうことがあります。また、友達が話している時に割り込んで別の話を始めたり、話の区切りが分からず話の途中で「はいはい」と言いながら手を挙げたりします。本人に悪気があるわけではなく、まだ会話や発言のルールがあまり分かっていないようです。  暗黙のルールに関しては、気になる発言があった時にその都度伝え、一つ一つ覚えてもらいます。割り込んで話し出してしまった時には、「今は〇〇君と話しているから待っててね」とその場の状況と本人の取るべき行動をセットで伝えたり、後から「さっきの話は何だった?」と尋ね、話し出しても良いタイミングもつかんでもらったりしていきます。発言のルールに関しては、「話したいことがある時は挙手し、指名されてから言う」というルールを予め確認し、意識してもらいます。
Juri, F.