思い通りにならない状況での対処方法を覚える

 自由遊びの時に、遊びへのこだわりが強くわがままになることがあります。警察ごっこでは、役決めで警察役にこだわり、話し合いで泥棒役になると友達と一緒に遊ぶことをやめてしまいます。マインクラフトごっこ・サバイバルごっこ等のごっこ遊びでは、自分の思い描いているストーリー通りに進めたいようで、友達が「今から洞窟でダイヤモンドをゲットしよう」「今からご飯を食べよう」等と提案しても「だめだよ。今から〇〇するんだよ」と言って受け入れず、自分の好きなように続けています。一方、皆で相談して何をして遊ぶかを決める時に、予め「(やりたい人の多かった)氷鬼をしてくれたら、その後にやりたい鬼ごっこもするよ」と約束しておくと、友達の意見も受け入れて自分のしたかった遊びとは別の遊びでも一緒にしてくれるようになりました。
 これからも「じゃんけんで決めよう」「〇分経ったら役を交代しよう」等と提案して、いつも自分の思い通りになるとは限らないということを覚えてもらい、思い通りにならなくても少しは我慢できるようにしていきます。また、自分の意見を言うだけでなく、友達の意見を聞くこともできるよう声掛けをしていきます。
Juri,F.

次の記事

勝手な行動を慎む