その場の状況に合わせて行動を変えることができる

 明るく素直な性格で、落ち着いています。友達に優しく、トラブルになったことはありません。ブロックで作った物を持って友達の遊びに加わったり、友達とじゃれ合ったりする姿がよく見られるようになりました。自分から友達との関わりを求めるようになり、仲良く過ごすことができています。
 ここ最近は、様々な面で積極性が伸びてきています。運動エフェクトの転がしドッジボールでは、外野の時に友達と競うようにボールを取っています。また、学校で作った物や描いた絵を皆に見せながら説明することが好きで、工夫した所などを堂々と伝えることができています。
 運動の面では、どの種目も一生懸命取り組み、がんばっています。記録会で繰り返し取り組んでいる短縄が長く跳び続けられるようになり、この半年間で記録が35回から67回に伸びました。以前は疲れてくると引っかかっていないのに跳ぶのを止めてしまうこともありましたが、今ではなくなり、諦めずにがんばり続ける力がついてきました。集団遊びでは、ジャンプ&スクワットのような素早く動く種目、ポートボールやバレーボールのようなボールを使った種目が得意です。また、ルールの理解力があり、初めてのことでもルールに沿って取り組むことができています。これからも楽しく身体を動かしてもらい、体力をさらに伸ばしていきます。
 少し気になる点は、マイペースで待っている人がいてもあまり急がない点です。運動エフェクトの始まりで皆が整列しているのにランドセルに用具をしまっていたり、学校に迎えに行った際、荷物をまとめたり靴を履いたりする時にゆったりしていたりします。悪気があるわけではありませんが、途中で「そのまま籠に置くだけでいいよ」等と声を掛けてもランドセルの中に片付けないと気が済まないようで、そのまま続けてしまいます。一つ一つのことを丁寧にきちんと行うことができることは良い面でもありますが、その場の状況を適切に読み取り、その場に合った行動に変えられるようにしていきます。その都度、その場の状況やどう行動すべきかを伝え、経験の中でその場に合わせた行動を身に付けてもらいます。

Juri, F.